2017/12/30

オーラを妨げるもの


コンサルティングの実践編で

クライアント役のAsamiさんが
間違った状態でエクササイズを行い

コーチ役の私は
指示を出して正しい状態に直す、
ということをしました。


正しくない箇所はひとつとは限らず
複数ある場合、どこからメスを入れるのかを
瞬時に判断しなければ追いつきません。
相手は動いているわけですから。



Skypeなので一方向の映像です。
Asamiさんは横向きの状態で着地しました。


私が違和感を感じたことは、
膝が曲がり、腹筋が落ち、上半身が前に倒れ
視線が落ち、デコルテが閉じ
頭が前に出ていることでした。


羅列はできますが
優先順位に迷い、
どこから指摘すべきか悩みました。



今回のケースで
Asamiさんが指示することは、
まずは1つ。

その1つで今回の問題がほぼ解消し
もし直らない部分があっても微調整程度で修正可能となること、
キーとなる箇所について
理論で紐解いてくださるわけです。


メスを入れる箇所の判断の仕方、
正しくない状態を伝え方、
正しい状態に導くための指示の仕方を学び

最も目立つところが
最も指摘しなければいけない箇所とは
限らないことも知りました。



因みに今回の答えは 頭の位置 。
映像があるわけでないので参考程度にしてください。

別のバージョン、別の角度も行いましたが
おそらく今後も様々なケースで
学び続けていくことです。




1つ正しくない状態で歩くだけで
身体の様々な場所に影響し

身体が1つのユニットであることを
再認識しました。



悪い例を見せてくださったAsamiさんは
いつもの美しいAsamiさんではなく
あまりの変貌ぶりに、私、ショックを受けました。


僅かな姿勢の崩れが
適切に筋肉を使うことの邪魔をし、
強靭な軸の妨げになり、
美しさやエネルギー、オーラを奪います。


これは全てのひとに当てはまることです。


ご自身が持っている美しさを、発揮できていますか?

もしできていないのでしたら、
最大限に発揮したいと、思いませんか?