2018/12/29

四柱推命

四柱推命とは
生年月日から運命を推察する占術


11月下旬から、わたくし
30名以上の鑑定を
行いました。



モニター募集をしてみたら
たった半日で
30名以上のお申し込みがあり
慌ててお昼に締め切った程だったのは

四柱推命と占星術の合わせ技で
追い風の日を選んだためなのかも
しれません。



まだまだお勉強中で
もちろん今後も学びを続けますが

不思議なくらい
あっという間に覚えてしまった四柱推命。
命式を見るとピーンとくるのです。

(注:鑑定はNoスピリチュアルです。
  資料に基づいて行います)


鑑定を受けた方からは

「一層、自信が持てました」
「背中を押された気持ちです」
「ますます自分を好きになりました」

等、たくさんの前向きな感想を頂きました。


しかし今回、四柱推命の恩恵を一番受けたのは
私かもしれません(笑)


特質を活かして動けば
モチベーションがあがり
効率も上がるようです。


活かすためには
まず自分の特質を知ることが必要。


自身で見極めても良いし
心理テストでもわかりますが

四柱推命も便利なツールです。


もしご興味があれば
お気軽にご連絡くださいませ。






2018/12/23

オーラを司る美しき女性(ひと)







画面の向こうはAsamiさん?




途中そのような錯覚を覚えた
今月のExchange。

お相手は AMELKISのMakiさんです。




まっすぐな瞳
眩しい笑顔の美しいMakiさん。


Makiさんが卒業される前から
ずっと憧れておりまして
いつかレッスンを受けてみたいと
思っておりましたの。




その調度一週間前に
Asamiさんのレッスンでしたが


Makiさんのレッスンでも
全く同じ箇所を
全く同じようにメスを入れ
癖を取り除いてくださいました。


勿論、Makiさんは
Asamiさんが私にして下さったレッスン内容を
知るはずもありません。


頂いた録画を見ましたら
僅か45分で私の
歩く時の脚のラインが
変わっておりました。


僅かなズレでも
脚の形に大きく影響するのです。

誰でも1日数千歩は歩きますから
正しい状態で歩きたいものですよね。




私がコーチ役をしている時に気付いたのは

Makiさんは
オーラをご自身の意思で
自由にコントロールなさっていること。


バーンっと風圧を感じる程に
圧倒的なエネルギーを放ち

画面越しですのに重力を感じた程です。


美しくてハンサムで素敵な女性
Makiさんからますます目が離せません。








2018/11/16

美肌の秘密

先日、約2年半ぶりにお会いした女性
以前受けていたコーチングのコーチです。


前回お会いしたのはなぜか仙台のランチ会でしたが
(彼女は東京在住、そして私は名古屋です 笑)


今回まず目に飛び込んできたのは、美しいお肌!


彼女は過密な全国弾丸ツアーの真っ最中
しかもお会いしたのは夜でしたのに

くすみが一切なく、透明感のある、みずみずしくて
細胞1つ1つが生き生きした美しいお肌に
目が釘付けになりましたの。

本当にお綺麗でした!




秘訣を聞きましたら1年位、呼吸法を習っているそうです。
(3ヶ月行ってないそうです・・・笑)


呼吸法のお教室なのに
はじめの約半年は、呼吸の方法ではなく
身体を解すエクササイズだけだったようで

それは身体を緩める事ができなければ
どんなに呼吸法を使っても正しい呼吸が
できないから、なのだそうです。


正しく呼吸をすると
細胞の隅々にまで栄養を行き渡らせる事ができ
また、呼吸をする度に
内臓をマッサージする状態になるのだと。

想像するだけで、美容に良さそうですよね。






思い返せば、私は過去に様々な場面で
呼吸法を習ったはずでした。


数ヶ月でしたがボイストレーナーの
個人レッスンを受けたこともありますし
ヨガやレイキを習った事もあります。



が、しかし、現在、私の呼吸は正しくない。



何故わかるかといえばよく息苦しくなるからです。
しかも息苦しい時に深呼吸を続けるほどに苦しくなる不思議(笑)



早速、本を数冊購入して読んだのですが
スーパーアスリートのトレーナーをしている方の本に
興味深い事が書かれていました。



呼吸過多。



酸素の吸い過ぎが「常態化」することにより
二酸化炭素不足となり結果低酸素症を引き起こしたり
姿勢の乱れや、身体の凝りの原因となるそうで

たくさん吸って、たくさん吐けば
良いというものではないのだと知りました。(反省)



安静時の呼吸と、運動時の呼吸
それぞれの場面に適した呼吸が大切なのだと。
しかし、現実にはアスリートを含めて90%以上の人が
正しい呼吸法が出来ていないとも書かれていました。
呼吸過多の人、多いそうです。


余談ですが
例えば足裏のアーチがない場合
安静時の呼吸がしにくくなるため
首や肩の緊張が続き凝りにつながるのだそうです。
1日2万回ですからね。


呼吸、おそるべし。