2017/09/23

姿勢とハイヒール

先日のハイヒールレッスン。
私はかなり苦戦していました。
全く軸がとれなかったのです。


レッスン直前には、
少し歩くだけで左足がつってしまう状態でした。
帯状疱疹の治療で抗生物質を服用していたので、
水分補給が足りなかったのかもしれません。

まずは水素水とミネラルを摂取しました。



そして、ハイヒールレッスンが始まりました。
椅子を使ったエクササイズからスタートし
その後は、素足のエクササイズです。

いくつかのエクササイズをしましたが
腹筋が上がらないため、
両手を上げるバージョンを行いました。

また、右足を出すときに
どうしても骨盤が引っ張られてしまい
骨盤を左に開くように指示をいただきました。
更に、上半身も左に開き、
その上で右肩は右に少し開き肩甲骨を寄せ、
左足を出すときにも
骨盤を少し左に開く必要があり

背中が反り易いため
背中をコントロールしながら頭をプッシュ。
そして、右足を出すタイミングで
少し上半身が右へ倒れるので
少し身体を戻すことも必要とのことでした。


なんとか片足の母指球で立てる状態になり
ハイヒールでのレッスンが始まりました。
Asamiさんのメスはどんどん入ります。


歩く時の
骨盤、上半身、肩、頭のポジションを微調整し
更に4点で止めるエクササイズをして
使う筋肉に意識をいれました。


そして、後ろ足の踵をキュッといれるエクササイズ。
これは後ろ足の内腿を意識したのですが
結果として腹筋が引き上がる効果もありました。


更に微調整を繰り返し、正しい位置を
身体に記憶させていきます。


間違った姿勢であるのに
自分では正しい位置だと勘違いしているため
微調整後は違和感しかありません。


しかし、ハイヒールで歩くと
それが正しいポジションだと解ります。


なぜならば、
苦もなく母指球に体重が乗り、
脚の内側の筋肉に力が入り、
上半身が揺れず、身体が軽くなり、
呼吸が楽なのです。


ポジションの崩れ、それは
ハイヒールで美しく歩くことを阻む
大きな要因になるのです。