2018/09/08

空気










呼吸が浅くなること、ありませんか?



ものすごく驚いたとき
怖い思いをしたとき
聞きたくない話を聞くとき
ストレスを感じたとき
体調が悪いとき

自然に呼吸は浅くなってしまいます。




そんな時には
深呼吸をしてもいいのですが

ストローから息を吐くように
呼吸をすると良いそうです。



鼻から息を吸い
細いストローがあるかのように息を吐く
ただ、それだけ。



呼吸の深さを意識する必要もなく
ゆっくり行う必要もなく
ご自身が丁度良いと感じるペースや深さで。





これは以前家族が購入した本(※1)に
載っていた呼吸法です。



おへそに掌を置いて試して頂くとわかりますが
ストローから細く息を吐くとき
自然に下腹部に力が入ります。


腹圧がかかることで横隔膜が動きやすくなり
呼吸が楽になるのだとか。
そして
身体の軸を感じられることで安心感に繋がります。




ハイヒールで美しく歩くためには
強靭な軸が必要不可欠


美しく歩くためのエクササイズは
身体の軸を鍛えることでもあり
同時にマインドを鍛えます。


それでも
人生はいろんなことがあるため
呼吸をするだけで精一杯なときだってあります。


そんな時は呼吸しているだけでもOK。
大丈夫です!






                 ※1 藤本靖氏の著書です