2018/06/27

同志







癌の手術の為に母が入院したのは
私が中学2年生の時でした。



その時、近所の方が代わる代わる
声を掛けに来て下さいました。

今日は学校どうだった?
いまなにしてるの?

そして少しだけ話をして
じゃあ、また来るね、と帰って行く



子供だった当時はわかりませんでしたが
なんと優しい方達だったのでしょう。



中には
玄関先で号泣する方がいらっしゃって

なぜ泣くのか、その理由については
敢えて考えないようにして
(昭和の時代の癌ですからわからなくもないけれど)
ひたすら慰めて差し上げて(?)お帰りいただき


また、同じ病で命を落とした知人縁者の例を
機関銃のように喋る人に遭遇した時には
一体何のために来てるのかしら、と呆れて
心の中で反面教師に任命(笑)した事も
あります。



不思議なんですが
母がそこで命を落とさないことを
私は知っていました。

なので、当時比較的に泣き虫な子供の私でしたが
母の病気で涙が一滴でも出た記憶はありません。



手術の1年半以上前から、私は
母に病院へ行く事を強く勧めており

本人も気付いていたに違いないけれど
認めたくなかったらしく(気持ちはわかります)

漸く重い腰が上がった1年半後
リンパへ転移をしていました。


そして1ヶ月以内に2度も手術をして
リンパ節まで切除することに
なってしまいました。



それから40年近い年月が経った今も
母は全く再発することなく元気です。


母と私は
今も時々同時に同じ夢を見ることがあります。
その内容とタイミングは
後から聞く度にぞ〜っとします(笑)


特に仲が良くも悪くもない母娘ですが
血の繋がり故に
無意識下で繋がっているのかもしれません。



===



今日、とても美しくエレガントな方と
お話をして良い刺激をいただきました。


現実の自分の姿を
実際に自身の目で見てチェックしていることが
共通しておりましたので

目標と現実のギャップを埋めるために
お互いに頑張りましょう、と誓いました。


こちらの出会いは、また別の意味で
無意識下での繋がりがあるのだと思います。

そして素敵な方の意識に触れることで
私自身の気合いも入ります。

次回お会いする時に
少しでも進化した姿でありますように!
精進します。











2018/06/17

修了式




先週のことですが
通っていた心理学講座の
ライセンス授与式に出席しました。



約2ヶ月間は
ASAMI-PARISのコンサルティングの受講と
同時進行でしたが

なんとか一通りの受講ができて
修了式ではカウンセラーの一種の
ライセンスをいただきました。




印象的だったのが
これで終わったと思うなよ(笑)、という
代表の言葉。


講座をたった一通り受けただけで
理解したつもりになってはいけない
という意味です。




こちらの協会では
生きてる限り(笑)、何百回でも
リピート受講が出来るシステムで

いつでもここに
あなたの帰る場所がある、という
優しい大前提があります。






誰にでもあるように、私にも
過去に負った心の傷があります。


どうやら封印されていたようで
その期間が、長期に渡り
記憶から欠落しておりました。


時が満ちたある時
その記憶が甦りました。

そして、長い間情緒が安定せず
苦しんだこと等
全てが繋がりました。



どんなことにも学びはあると
よく聞きますが

これに関してはどんなに考えても
学びなど微塵も見つかりません。

当時の自分を労ったうえですが
仕方がないから


前世では私が加害者だったに違いない


と、思うことにして、それでも

いつかこの傷をなんとかしたいと
考えておりました。


心理学の講座を受けるうちに
傷は傷のままでいいと
思うようになりました。

傷痕は残っておりますが
傷口は既に乾いています。


子供の頃に転んで作った傷痕と同じです。


たくさん笑い、仕事をして
日常を過ごしているいま
私は既に自分を取り戻しておりました。


心の傷痕も私の一部
このまま強く私は生きていく。


ハイヒールの哲学で学んだ
心と身体の軸を生かし

心理学講座で学んだことを生かし
これからも
一歩一歩を丁寧に進みます。



2018/06/06

煌びやかな変化を目にする





つい先日の事です。


東京の品川駅の長いコンコースを

私の友人でありクライアントでもある
MAYAさんと歩いておりました。



イベントの帰りで、学びの多さに
脳が膨れ上がっておりましたが
ふと、横を歩くMAYAさんを見たときに
驚きました。



歩く姿が格段に美しくなっている!!



すーっと丁寧な足運びで
エレガントに歩く姿を目にしまして

私は胸がいっぱいになり
一瞬で疲れが吹き飛びました。



歩幅もきちんと狭くコントロールし
膝が真っ直ぐな状態で爪先からそっと着地
しかも背中が倒れないように
気をつけているのがわかりました。


彼女にはまだ3回しかレッスンを
しておりませんが
レッスンでの説明を
意識しながら歩くようにしているそうです。


「全部の事を一度に意識するのは
  まだ難しいのだけど、少しずつね」

とMAYAさんは仰いました。



クライアントが美しくなる事に
こんなにしあわせを感じるとは
自分の事ながら驚いています。


そして、私自身も更に
もっともっと精進しなければいけないと
決意を新たに致しました。