2018/08/04

限界の限界を超えた先に見えるもの






昨日の名古屋の気温は
40度を超えたのだそうです。


道理でね。ランチで外を歩いたときに
なんだか暑いなぁ、と
思っておりましたの。
(気のせいにしようとしていた人がいます(笑))



先日は3週間ぶりの
Asamiさんのレッスンでした。



メインの会社で
月に2~3日の休日出勤状態の
勤務日数が、春先から続いておりましたが

Asamiさんのレッスンだけは
月に数回予約させて頂いておりましたので

こんなに期間が空くのは久しぶりでした。



レッスンとレッスンの期間は
短ければ短いほど楽で
実りは多いのです。

これは以前、週に2回のレッスンを
受けた時に実感しました。



今回私は腹筋がつりそうな位に
腹筋を上げる意識で挑みました。


緩めてもいい瞬間はありません。
腹筋に集中するあまり
いつ息継ぎをしようかと迷う程で(笑)

肩甲骨、膝、ヒップその他
全てをこれ以上はない位まで意識します。




ただ、限界だと思っていたその場所は
まだ限界ではなかったのです。



Asamiさんの声に導かれて
左肩を引き肩甲骨を寄せて
「まだ(腹筋は)上がります!」の言葉に


これ以上一体
どこをどう振り絞れば良いのか
わからないまま
引き上げる意識を入れましたら
なんとまだ上がりました。

整えれば更に上がるのです。



その瞬間に
頭上から何かが大放出される感覚

目の前が明るくなるのを越えて
眩しく思える程で


足元から脳天を通る強靭な軸を感じ
力が漲り溢れ出る感覚


これはスイッチが入った状態です。


ヨガの先生も同じような感覚になると
聞いたことがあります。


画面の向こうでは
Asamiさんが
両腕を抱えていらっしゃいました。



ストローの捻れが取れて
詰まりがなくなり
流れが良くなった感じでもあります。



限界の限界を越えた先の景色を
垣間見る。




皆さま、まずは腹筋を
限界の限界の限界まで上げましょう。

その際に背中が反らないように
背中コントロールは必須です。